海と船に親しめる新しいウォーターフロントの誕生

神戸メリケンパークオリエンタルホテルのはじまりは、さかのぼること1992年。

中突堤旅客ターミナルの老朽化に伴い神戸市港湾局が実施した民間事業コンペで選ばれ、周辺の景観との調和を計算されたホテル建築が計画・着手されることになりました。

「海と船に親しめる新しいウォーターフロントの創造」をコンセプトに、ターミナルとしての機能だけでなく、
人々が集まる複合的な施設として、地域の開発、活性化を目的としたホテル建設が進められました。

震災を乗り越えた開業

ホテル開業に向けて進めていた1995年1月17日、阪神淡路大震災が発生。
幸いなことに、ホテルの建物自体は液状化対策や耐震構造を施していたため被害はほとんどなかったものの、ホテル周辺の岸壁は大きく崩れ落ちてかつての風景からは一変しました。

神戸に大きな打撃をもたらした震災は、誰もが予定通りの開業を諦めかけましたが、「傷付いた神戸の街にいち早く復興の光を」という強い想いのもと、1995年7月15日の開業にこぎつけることができたのです。

開業に先立ち、1995年(平成7年)7月7日にはオープニングレセプションが行われ、午後7時7分には「日本で唯一のホテルに建つ灯台」の点灯式を実施。
震災で亡くなられた方々の鎮魂と神戸の復興を祈って、777発の花火が打ち上げられました。

PAGE
TOP